トップ >  その他の活動 >  子育て支援事業

その他の活動

子育て支援事業

預かり保育について

担当教職員 幼稚園教諭免許.保育士資格を持った教職員が保育にあたります。
保育形態 家庭的な雰囲気の中で3歳から5歳が共に過ごします。
保育内容 自由遊び・絵画制作・童歌・体育遊び(鬼ごっこ等も含む)戸外遊び等
保育時間 ・正規の保育時間終了より、午後6時まで
*教員の勤務時間とのかねあいで保育時間を決めておりますので、  
お迎えが遅れることのないようご注意下さい。
保育日 ・幼稚園の保育がある日の月曜日から金曜日までです。
・水曜日及び午前保育は、お弁当をご持参下さい。
・土曜日は一時預かり保育として手続きして下さい。
・夏休み、冬休み期間の日程は、休み前にお知らせ致します。
休 日 ・日曜日・祭日・創立記念日・お盆・お正月休み期間です。
保育定員 ・20名
費 用 ・1時間100円(1日1回のおやつ代含む)
集 金 ・土曜日、幼稚園振替休日での一時預かり保育の場合は、1日千円となります。
申し込み ・所定の申込用紙に記入して前日迄にお申し込み下さい。(平成20年度より)
尚、当日急用ができた場合等は、お電話にてお申し込みをお受け致します。
又、都合でキャンセルする場合もお電話でご連絡下さい。
申込書 ・職員室前の廊下に備えておりますので必要な方はご連絡下さい
お迎え ・保護者以外の方がお迎えにくる場合には、申込書にお迎えにこられる方の名前を
ご記入下さい。
*保育中に体調が悪くなった場合や万が一事故けが等にあった場合には、
お迎えに来ていただく場合があります。
保険等 ・万が一の事故については、園加入の保険及び学校健康会から正規の保育と同じ
保証が受けられます。
その他 *保護者の都合で預かり保育を利用される場合については、その理由を十分に
お子さんに伝えて頂き、信頼関係を失わないようご協力をお願いいたします。
*新学期の新入園児さんのご利用については、お子様の状態を理解の上、
様子を見ながら無理のないようお願い致します。

家庭との連携をはかる子育て情報の提供

お子さんのよりよい成長を育むためには、幼稚園・お子様・家庭が三位一体になり連携をとることが大切です。そこで、大谷幼稚園では、各種お便り、連絡帳等によりお子様の様子や園の様子をお知らせしています。
また、家庭でのお子様の様子を伝えて頂いております。

園だより 月1回発行。その月の行事、お知らせやお願い事項が記載されています。
大谷通信 毎週発行。週案、週の予定をお知らせしております。
デジカメ日誌 月1回~2回発行。行事や各クラスの様子を写真中心にお知らせしております。
クラス便り 月2回発行。月のクラスの活動内容やカリキュラム、お子様の様子をお知らせ
しております。
保健便り 保健衛生についてのおたよりです。
育み便り 子どもの発達と大人の関わりに関するおたよりです。
連絡帳 園側から月1~2回程度お子様の様子を記入。家庭よりお子様について気に
かかる事や体調、連絡事項等を記入して頂いております。
学期の様子 各学期ごとにお子様の様子を生活面、遊び面において五領域にわけ細やかに
お知らせいたします。
ホームページ 園の基本方針・行事等について記載されています。
また、毎日の園の様子を更新しています。

その他

  • ○ 子育て講座の開催(医師、栄養士、保健師、教育関係者等)

  • ○ 茶話会の開催(年齢別・クラス混合 年3~5回程度)

  • ○ 給食試食会の開催

子育て支援事業

預かり保管
保護者のニーズ(仕事がある、学校の行事、病院、私用等)と子どもからのニーズ(幼稚園でもっと遊びたい、兄姉がいない、友だちと遊びたい等)を引き受け、幼稚園の保育が終わった後、引き続き保育を行う保育サービスとしてあります。
<遊びの内容>外遊び・わらべ歌遊び・製作遊び・ままごと・遊具を使っての遊び等)
子育て相談
幼児期の子育てについて様々な悩みの相談をお受けいたします。
<相談内容例>
友だち関係・発達面について・遊びについて・偏食について・身辺自立等
*園長、副園長、主任、その他教諭等が中心となりお受け致します。
*ご相談の内容により、小児科医、子ども心療内科医、保健師、児童相談所等と連携を図り行う場合もあります。
満3歳児保育
満3歳を迎え入園を希望される方は入園可能です。
園文庫
各保育室に絵本が置いてあり、絵本の貸し出しを週に一度行っています。また、保護者向けの本も貸し出しています。

未就園児の支援と教育活動

未就園児
近所に同じ年頃の友だちがいない、家庭の中で過ごすことが多くイライラしている、子ども同士遊べない、外で遊ぶ機会が作れない等というお母さん達の声を聴き、そんな悩みを少しでも解消してもらいたいという願いから、大谷幼稚園は施設を開放して幼児教室を行っております。参加して頂いているお子さんの年齢も、1歳半頃から就園前と幅が広いのですが、少子化の昨今、兄姉がいないため喧嘩も出来ないお子様が増えていますので、この小さな出会いの場がとっても大切ではないかと考えております。この幼児教室は誰もが参加でき、親子共々ホット出来る場となるようサポート支援致します。
幼児教室(親子教室)
絵画・制作・体育・音楽・わらべうた・外遊び等親子で楽しむ活動です。
キッズクラブ ちょっぴりママから離れての体験
自由遊びの他、課題遊び、絵本の読み聞かせ、排泄、手洗い、身支度、おやつ等の経験をします。
子育て相談
入園に向けての相談、発達相談、育児相談等
情報の提供
ホームページ、幼児教室便り(月1回)、キッズクラブ便り等

小学校との交流

幼保小の連携
幼稚園へ小学校の先生達が参観に来られたり、幼稚園・保育園の先生達が小学校へ参観に出かけ、その後、交流しています。
一学期(5月〜6月)
幼稚園へ小学校の先生達が参観に来られたり、幼稚園・保育園の先生達が小学校へ参観に出かけ、その後、交流しています。
二学期(11月後半〜12月頃)
幼稚園へ小学校の先生達が参観に来られたり、幼稚園・保育園の先生達が小学校へ参観に出かけ、その後、交流しています。
三学期(2月頃)
入園に向けての相談、発達相談、育児相談等

各関係機関との交流

  • ・稚内市子ども課

  • ・宗谷保健福祉事務所 子ども未来課

  • ・稚内市保健センター

  • ・稚内市早期療育センター

  • ・児童相談所

  • ・特別支援学校(稚内養護学校)

  • ・稚内市民生児童委員連絡協議会

  • ・市立稚内病院

  • ・稚内禎心会病院

  • ・慈恵小児科

  • ・潮見歯科医院

  • ・稚内給食センター

  • ・全国私立幼稚園協会

  • ・北海道私立幼稚園協会

  • ・社団法人大谷保育協会

  • ・社団法人日本経済団体連合会

  • ・業種団体私立幼稚園経営者懇談会

  • ・北海道中央研究所

地域との交流(園内編)

  • ○ 園舎、園庭の開放・・・土曜日の自由登園、母親教室等で園舎園庭を開放しています。

  • ○ 園行事の地域住民へお誘い・・・運動会、盆踊り会、七夕会等。

  • ○ 地域の方との交流

  • ・香茶の会・・・地域のお年寄りの皆さんと遊びます。

  • ・高校生インターンシップの受け入れ・・・宗谷管内の高校生が職場体験に来ています。

  • ・中学生体験学習受け入れ・・・地域の中学生が保育の体験に来ています。

地域との交流(園外編)

  • ○ 老人ホーム慰問

  • ○ 老人医療施設への慰問

  • ○ 全国南中ソーラン交流会参加